治療にあたりましては、正確な診断とともに、患者さまに不安の無いよう、治療方針をわかりやすくご説明いたします。

 どんな病気がなぜ起こっているか、今後どうすれば良いのか、経過が思わしくない時も含めて正しくお話し、患者さまと医師との前向きな共通理解の上で、治療効果を高めていきます。

 何か不明な点がありましたら、遠慮なくお申し出ください。


かぜ(せき、鼻水、のどの痛みなどの症状があるとき)
耳が痛い、聞こえにくい、耳鳴りがする、ガサガサと音がする、めまい
鼻血、鼻水、鼻がにおう
のどが痛い、咳が出る、声がかすれる、のどがつかえる
耳・あごの下が腫れる
いびきで困っている
匂いや味がわからなくなった
耳、鼻、咽に異物が入った(刺さった)


耳/滲出性・急性中耳炎、難聴、耳あか等
鼻/アレルギー性鼻炎、慢性・急性副鼻腔炎等 花粉症
のど/扁桃炎、声帯ポリープ等


患部の状態を鮮明な画像で確認することで、患者さま自身の理解と医師の診断に役立てます。


耳の中の処置には、必要に応じて顕微鏡を使い、正確・安全に行います。


薬液を霧状にして、患部に直接届ける機械です。アレルギーや炎症の沈静化を図ります。


防音仕様の部屋に検査ボックスを設置。二重の防音対策で、より正確な検査を行います。


診断に必要な場合に限り、レントゲン撮影を行っております。


各医療機関と連携し、適切な医療のご提供に努めております。
紹介先/愛知医科大学附属病院、愛知県がんセンター、藤田保健衛生大学第二教育病院(通称バンタネ病院)


ページトップに戻る



禁無断転載 Copyright© 2004 Hayano ENT Clinic. All rights reserved.